ルクルト フューチャーマチック GF ハーフローター Cal.497 自動巻 OH済 1953年 Lecultre

ウォッチ コレ TOPへ
  • facebook

ルクルト フューチャーマチック GF ハーフローター Cal.497 自動巻 OH済 1953年 Jaeger Lecultre

220,000
商品番号:JL-031C

+ −

商品説明

1953年頃のルクルトのフューチャーマチックです。

各社が自動巻きの設計を、『全回転式ローター&両方向巻き上げ』の仕組みに切り替える中、
ルクルトは『半回転式ローター&片方向巻き上げ』にこだわって、進化させ続けました。

こちらのモデルに搭載している『Cal.497』は、3時側にリューズを持たないフューチャーマチック専用の半回転式キャリバー。

自動巻きですが、”巻き止まり”のある手巻き用ゼンマイを使用し、
巻き上がるとローターの回転をロックする独自の仕組みとなっている面白いムーブメントです。

一杯まで巻き上がったゼンマイをそれ以上巻き上げさせないよう防止しています。

ゼンマイが一杯まで巻き上がると、パワーリザーブインジケーターは8枚目の写真のように”P”の文字の上あたりで止まります。

ゼンマイが解けてくるとロックが解除され、ローターが回転可能になります。

当時、フューチャーマチックのモデル名にふさわしい未来的な自動巻きを目指した仕組みでしたが、自動巻きの主流となったスリップ式ゼンマイに負けて短命に終わりました。

 

外観の最大の特徴は、リューズが3時側に無くケースの裏側にあるところです。

このリューズには巻き上げ機能はなく、ケース中心部にスライドさせて時刻合わせを行います。

リューズを元の位置へスライドさせ、巻き上げをすると動き始めます。

リューズの操作性は構造上良くありませんので、日常使いには慣れが必要です。

 

こちらは当店でオーバーホール済みです。

ベルトはアンティークな雰囲気に似合う、薄くフラットなリザードを付けています。

ラグ幅18.5mmですので、19mmを付けています。

ベルトとラグと接する部分は、表革にハガレが出ます。

1枚目の写真をごらんください。

年代物の希少なキャリバー搭載機で、頻繁な使用は部品の劣化を招く場合がありますので、取扱いはやさしく丁寧にお願いいたします。

コレクションとしてもオススメです。

元々非防水の仕様ですので、
汗ばむ時期の着用や、気温差が大きい状況、浸水しえる状況での着用は避けていただき楽しんでください。

製造年推定1953年
型式

-

ムーブメント自動巻
Cal.497
17石
毎時18,000振動
秒針停止機能
パワーリザーブ
材質金張り(10K GOLD FIELD)
サイズ直径 34.8mm
厚み 11.1mm(リューズ含まず)
ラグ幅 18.5mm
ブレスレット新品ヒルシュ製ベルト 19mm(テジュー/ブラック)
オーバーホール時期2017年7月実施
状態

非防水

【ケース】  ラグのメッキハガレ、全体スレあり

【風防】  全体にスレ、小傷あり

【文字盤】   インデックス劣化あり

【裏蓋】   スレ小傷あり、メッキハガレあり

【針】  くすみ汚れあり

【ブレスレット】  ベルトとラグと接する部分の表革ハガレあり

付属品付属品なし
当店100日保証付き

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く