ウォッチ コレ TOPへ
  • facebook

セイコー プレシジョン 懐中時計 セコンドセッティング 国鉄 手巻 OH済 昭和32年製 Seiko

0
商品番号:SK-1655P

+ −

SOLD OUT

商品説明

1957年製の手巻き式『19セイコー』です。

『19セイコー』は19型(直径約42.8mm)のムーブメントを搭載した懐中時計で、昭和4年(1929年)頃にウォルサムに替わる鉄道時計として当時の鉄道省向けに生産されたのが始まりです。

昭和46年11月(1971年)まで、機構の変更を行いながら製造が続けられた、ロングセラーモデルです。

昭和30年(1955年)に、『セコンドセッティング』仕様追加
昭和34年(1959年)に、文字盤の『SEIKOSHA』表記を『SEIKO』に変更
昭和35年(1960年)に、戦後の19型15石ムーブメント発売
昭和38年(1963年)に、吊カンの形が『楕円』から『丸』に変更
昭和46年(1971年)に、19型ムーブメント生産中止となりました。

こちらのモデルは昭和32年製の吊カンが楕円型の『セコンドセッティング(秒針規正装置)』仕様です。

搭載しているムーブメントの受けには『コート・ド・ジュネーヴ(さざ波)』模様が施され、見栄えの良い仕上げがされています。

針は青焼き針で状態良く、輝きも健在です。

後の1968年頃のモデル『91-0020』では、
ムーブメントの仕上げが簡素になり、針も黒塗りに変更されることから、
意外と探していらっしゃる方が多いモデルです。

 

スモールセコンド仕様で、リューズはオニオン形。
『セコンドセッティング機構』付きの為、
スモールセコンド上は『SECOND SETTING』表記されています。

もちろんセコンドセッティング機能は効いていて、リューズを引くと60秒の位置で秒針が止まります。(やや左に止まります)

 

数字フォントが大きいため、視認性に優れています。

リューズは操作性の良いサイズで、時刻合わせ、手巻き操作をスムーズに行えます。

 

こちらは当店でオーバーホール済みで、すぐにご使用頂けます。

風防は磨いていますが、磨きで取り切れない小傷が残っています。

ケース、リューズにメッキのはがれが見られます。

文字盤に焼け、傷があります。
スモールセコンド部分がより濃く焼けており、経年による2トーンカラーとなっています。

元々非防水モデルですので、ご使用の際は水・汗・雨にご注意ください。

製造年1957年6月
型式-
ムーブメント手巻
スモールセコンド
セコンドセッティング機能
材質真鍮ニッケルメッキ
サイズ

直径 50.1mm(リューズ含まず)
厚み 15.1mm

ブレスレット-
オーバーホール時期2018年4月実施
状態

非防水

日差(参考値:ゼンマイ全巻上げ) 平置き +11秒、リューズ上+1秒

(日差は使用環境・巻き上げ量等で変化します)

【ケース】  全体にスレ、傷、メッキはがれあり、リューズメッキ退色あり

【風防】  磨きで取り切れない小傷あり

【文字盤】   焼けあり、9時側3時側に傷あり

【裏蓋】   全体にスレ、小傷、メッキはがれあり

【針】  くすみあり

付属品付属品なし 当店100日保証付き

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く