オメガ シーマスター クロノメーター Ref.168.0061 Cal.1011 自動巻 OH済 1973年製 OMEGA

ウォッチ コレ TOPへ
  • facebook
  • トップ
  • OMEGA/オメガ
  • オメガ シーマスター クロノメーター Ref.168.0061 Cal.1011 自動巻 OH済 1973年製 Omega

オメガ シーマスター クロノメーター Ref.168.0061 Cal.1011 自動巻 OH済 1973年製 Omega

0
商品番号:OM-772A

+ −

SOLD OUT

商品説明

 

1973年製のシーマスター クロノメーター『Ref.168.0061』です。

ケースのデザインは同時期の自動巻きクロノメーターの『コンステレーション』と比べてシンプルで流麗なデザインで、半世紀近く経った今でもモダンな印象です。

 

『Ref.168.0061』は1973年から製造されたモデルで、
1972年まで製造された前世代モデル『Ref.168.024(168.0024)』のデザインを継承しています。

文字盤は放射仕上げで、アップライトのバーインデックス、ペンシル針が配されており、上品で洗練されたデザインに仕上がっています。

文字盤12時側には、スイス公認クロノメーター検査協会(C.O.S.C.)によるクロノメーター認定の証『CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED』の表記があります。

リューズ表面に『Ω』マークの刻印、風防中央には『Ω』の透かしマーク、裏蓋には『シーホース』ロゴと『Ω』マークの刻印入りです。


ムーブメントは『Cal.1011』を搭載。
クロノメーター認定を受けた5姿勢調整の高級ムーブメントで、高級機の『コンステレーション』と『シーマスター クロノメーター』にのみ採用されています。

前世代モデルに搭載された『Cal.564』と比べて、ハック機能(秒針停止機能)追加、振動数が1万9800振動から2万8800振動に引き上げられたハイビート仕様で、実用性が高いです。
厚みも5mmから4.25mmまで薄型化に成功したムーブメントです。

 

『Cal.564』の日付早送り操作はリューズ2段引きでしたが、 『Cal.1011』では リューズ一段引きして下方向に回転ででき、リューズ二段引きで時刻合わせになっています。

操作方法が現行モデルと同じような仕様に変わり、使いやすくなりました。

便利な早送り機能ですが、時計が『21時〜翌2時』を指している時に早送り操作を行うと歯車の故障の原因になるため、早送りを行う場合は時刻を6時あたりに合わせてから行うことをオススメします。
(この注意事項は、カレンダー機能付きの腕時計全般にいえることです)

 

 

こちらは当店でオーバーホールと外装仕上げ済みで、すぐにお使い頂けます。

ベルトはモレラート製の新品を付けていますので、気持ちよくご使用頂けます。

ケースやベゼルに小傷がありますが、全体的に目立つような傷がなく、製造年からすると綺麗な状態です。

アンティークのオメガで、シンプルで飽きのこないモデルをお探しの方にオススメです。

古い年代のため、非防水でご使用ください。

 

製造年1973年製
型式シーマスター
168.0061(166.0172)
ムーブメント自動巻(手巻き付き)
Cal.1011
振動数:28,800回/時(8振動)
23石
秒針停止機能
日付表示
日付早送り機能(リューズ1段引きで下方向回転)
材質ステンレス
サイズ直径 35.2mm(リューズ含まず)
厚み 10.3mm
ブレスレット

新品モレラート製18mmベルト(牛革/ブラック)

オーバーホール時期2018年1月実施
状態古い年代のため、非防水です 【ケース】  磨きで取りきれない小傷あり 【風防】  磨きで取りきれない小傷あり 【文字盤】  目立つ傷汚れなし 【裏蓋】   スレ小傷あり 【針】  薄いくすみあり
付属品付属品なし
当店100日保証付き

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く