ウォッチ コレ TOPへ
  • facebook

+ −

次のバックナンバー
ウオッチコレ◆10年後に思い出して◆ブリリアントタイムvol.372
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
Watch-Colle ブリリアントタイム
     2019年2月1日 vol.372

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

皆さま、こんにちは! Harukaです。^^

今日から2月。

つい先日年が明けたばかりなのに……と、
つい、いつもの「あっという間」という言葉が浮かびます。

考えてみれば、1月はお休みから始まっていますし、
3週目にはすぐ連休もあるので、
 通常運転期間が短く感じられるのも当然のこと。

続く2月は日数自体が短いですし、3月は確定申告で過ぎ、
 新年度の4月にそわそわしていると、すぐに5月の連休になります。

6月になって落ち着いたと思ったら、雨が降って暑くなり、
 「暑いですね」と挨拶をしているうちに、7月と8月が過ぎて、
9月に台風が来て、10月に秋風が吹いて、寒いなと思って気づけば11月。

そうこうしているうちにクリスマスソングが流れ始める12月になり、
2019年を振り返っているうちに、2020年が始まるに違いありません。

ああ、1年ってやっぱりあっという間!(笑)

速いスピードで流れている時間に翻弄されないように、
しっかり地に足をつけて、行きたい方向を見定めて過ごしたいと思います。

それでは今日も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。

そう言えば、今回の新着情報に、私と同じ歳の時計を見つけました。^^
うんと大事にしてくれる人に買って欲しいな!と感情移入しています。(笑)


◆あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。

⇒ webmaster@watch-colle.com 

◆時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちらです。

https://www.facebook.com/watchcolle

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

もくじ

【1】ウオッチコレ新着情報

【2】10年後に思い出して

【3】人生の勝算はあるか?

【4】ショートストーリー『平行世界』

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【1】ウオッチコレ新着情報

セイコー プロスペックス ダイバーズ 200m SBDC039 6R15-03G0 自動巻 2017年頃 USED Seiko 
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006120/

オリス ポインターデイト スモールセコンド 36mm メンズ Ref.640-7461 自動巻 OH済 USED 
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006119/

キングセイコー セカンドモデル 44999 初期型 盾メダリオン 手巻 OH済 昭和39年製 Seiko 
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006117/

オメガ デヴィル プレステージ トノー型 Ref.168.1220 Cal.1120 自動巻き 1990年代後半 USED Omega 
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006115/

セイコー ロードマチック 5601-9000 純正メッシュブレスレット 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006114/

シチズン スポルテ ダイバー 200m ネイビー 2851-262981Y クオーツ USED
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006113/

キングセイコー 45-7000 ハイビート 手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006112/

サンドス 1716X-79-2 エンジンターンドベゼル 25石 Cal.1700/01 スイス製 自動巻 OH済 1950年代 Sandoz
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006111/

【希少】グランドセイコー 2ndモデル前期型 5722-9990 ライオンメダリオン 手巻 OH済 昭和40年製 Seiko 
 http://www.watch-colle.com/shopdetail/000000006109/

◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2】10年後に思い出して

最後にお会いしたのが、もう8年も前になりますが、
 最近よく思いだす、とてもお世話になった社長さんがいます。

このメルマガを昔から読んでくださっている方は、
その社長さんとの出会いについて書いた記事を覚えていらっしゃるでしょうか?

初めてお会いしたとき、まだ20代だったそのベンチャー社長さんは、
 当時スタートから4年目くらいだったこのブリリアントタイムを見て、
その場で、私をライターとして採用してくれました。

経歴や職歴はおろか、年齢すら聞くことなく、
 「僕と一緒にお仕事しませんか?」と微笑むのを見て、
そんなに簡単に決めてしまっていいの? と驚いたことを覚えています。

メルマガやブログを書くことからスタートして、
やがて、取材を受けたり講演したりする社長に同行するようになりました。

仕事は常に忙しく、仕事内容は初めて尽くして、スピードも要求されるため、
 何度も「私ではできません」と泣き言を言った気がします。

社長はコストにも厳しくて、「もっと安くていいのがあるでしょう?」と言われ、
 自分で支払ってでももう決めたいと思いながら、検索し続けたこともありました。

一流ホテルのスイートルームで仕事したこと、
グリーン車やタクシーで移動しながら打ち合わせしたこと、
 同行先で取材や講演関係者の方から丁重にもてなされたことも、
それまでの私の日常にはなかった楽しい記憶です。

漫画から哲学書まで大量の本を読んでいる社長から、
いろいろな本の話が聞けることにも、いつもワクワクしていました。

四書五経も攻殻機動隊も、社長のお手伝いをしなければ
一生知らなかったに違いありません。

とにかく、お手伝いしていた間中ずっと
 いろいろなことを教えてくれた社長さんでした。

でも、何よりもすごかったのは、
 「責任は全部僕が取ります」と言って、いろいろな事を任せてくれたこと。

基本自宅勤務で、直接会う回数は少なく、PCと電話でやり取りしていただけの私に、
あんなになんでもやらせてくれたなんて、
 今思えば、社長はとんでもなく寛大で、我慢強かったのだと思います。

なぜ、そんな昔の話をよく思い出すようになったかと言えば、
 最近、私自身が、人に仕事を教えたり指示したりすることが増えたから。

教えられ、指示されながら何かをするよりも、
わかりやすく教え、適切に指示して、欲しい結果をだしてもらう方が
 ずっと難しいことを知ったから。

しかも、それが文字と声だけでやり取りするネットの向うの相手ならなおさらのこと。

10年以上の時間を経て、改めて、あの時の社長はすごかったんだなと
思い出すことが増えたのです。

そもそも、今、ネットでいろいろなお仕事ができているのも、
この社長のお手伝いをしてたくさんの事を学べたから。

もうお会いすることもありませんが、感謝してもしきれません。

私が今、教えたり指示したりしている皆さんに、
10年後、こんなふうに思ってもらえるかな? と考えると、
まだまだ、不十分に感じます。

10年後に思い出してもらえるような人になれるよう、精進したいと思います。


◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【3】人生の勝算はあるか?

10年前にお手伝いしていた社長は、依頼されて行う講演だけでなく、
 定期的に開催する体験型講座も行っていました。

そんな中でも印象的で、今でも良く覚えているのが、
 「予悔(よかい)」という体験講座。

「予悔」というのは、「予め後悔する」という意味で、
 辞書に載っている言葉ではなく、どなたかの造語だったと思います。

「予悔」では、まず、過去・現在・未来を表した図に、
これまでの出来事や、現在の自分について書き入れます。

それから、このまま、現在の自分の考え方や行動を続けていくと、
 未来にどんなことが起こるか? を具体的に想像して書き出します。

そして、その想像が自分にとってあまり好ましくない未来であれば、
 現実になるより先に、しっかり後悔しておくのです。

「ああ、こんなことになるくらいなら〇〇しなければよかった」とか、
 「毎日〇〇しておけばよかった」とか。

最後に、その後悔を現実にしないために、今からできることを書き出し、
この瞬間からすぐ実践しましょう、というような内容だったと思います。

「これは100万円以上の価値がある」という方もいたほど好評な講座でした。

当時、私はこうした講座のための資料を作り、講座の席で記録をとって、
 後日参加者の方の質問に答えるアフタフォローも担当していました。

つまり、講座の内容的には、参加した誰より理解していたということです。

それなのに、自分では予悔に取り組んでいませんでした。

過去を振り返って自分の内面を見つめ、未来を想像して書き出すことは
実際にやろうとすると、なかなかしんどい作業なのです。

そうこうしているうちに月日は流れ、あのときの未来は、次々と過去になりました。

予悔しないまま後悔になった事柄も、無いとは言い切れません。

ありがたいことに、わりと幸せな人生を送れていると感じていますが、
これが自分が選べたベストな人生か? と問われれば、
イエスと胸を張る自信はありません。

では、今からでも予悔に取り組もうと思っても、これがなかなかできません。

自分についてじっくり考えるってなんて難しいのだろう? と思っていたら……

先日読んだ、SHOWROOM社長前田裕二さんの『人生の勝算』の中に、
 「就活中に自己分析ノートを30冊も書いた」というエピソードがあって、
のけぞりそうになりました。

勝算の持てる人生には、やはり自分を知ることが不可欠なのですね。

まずはスモールスタートで、3ページ分程度から自分を見つめてみようと思います。


◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【4】ショートストーリー『平行世界』

昨今、科学は急激な進歩を遂げていることをご存知だろうか?

まだ公にされていない新しい科学技術の中には、漫画の世界を思わせるものが多数ある。

例えば、時間を自由に行き来する方法、いわゆるタイムマシーンもその1つだ。

既に実用化の一歩手間まできていて、実証実験も重ねられている。

もっとも、タイムマシーンが完成しても、その情報が一般にまで伝わることはないだろう。

タイムマシーン同様、実用化が近いのが、並行世界間を行き来する技術だ。

そもそも、平行世界など存在するのか? などという疑問はナンセンスだ。
 現実をよく理解している私たちからすれば、もうずいぶん前から平行世界の存在は常識だ。

それらの平行世界は、私たちが認識しているこの世界と、
ちょうど1人の人間の1つの選択の違いに相当する、ごくわずかな違いを持っている。

つまり、平行世界は今も、存在する人間の数×行った選択の数ずつ増え続けているのだ。

もし、あのとき選ばなかったもう1つの選択肢を選んでいたとしたら、
 今頃どうなっていただろう? と、誰でも1度は考えたことがあるはずだ。

開発された技術を使えば、その疑問を簡単に解決できる。

こちらの方は、すでに実証実験を終え、世界中の金持ちがその優先利用権を買っている。

実は、私もそのうちの1人だ。

今はこうして、最先端科学を優先利用できるほどに事業で成功しているが、
かつて、仕事のために別れを選んだある女性のことがずっと気になっていた。

もし、あのとき、仕事よりその女性を選んでいたら……
それをどうしても知りたかったのだ。

「どうぞ、お入りください」

扉がゆっくりと開き、白衣の男が私の名を呼んだ。

そうそう、言い忘れていたが、平行世界が存在するのは、それぞれの人間の脳の中だという。

手術着をまとった私は、手術台に横たわって目を閉じた。

あと何分かすれば、ずっと想像し続けた彼女と暮らす、平行世界に到着できるだろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

前回、最近ハマっているメンタリストDaiGoの動画のことをお伝えしました。

彼の動画を見始めてから、まだ1ヶ月経ちませんが、
アーカイブにある過去動画を既に50〜60本観ています。

動画とは言っても音声だけで十分内容がわかるので、
 実際は、運転中や家事中にどんどん聴いている状態です。

このペースで聴き続けると、アーカイブにある324本を、
3〜4ヶ月で見終えられそうです。

そういえば、藤原竜也くんにハマったときも、
 過去作品を片っ端から全部観て、さらに好きになりましたっけ。

自分では自分のことを移り気で飽きっぽい性質だと思っていましたが、
 好きなものを見つけると熱中する一面もあることを知りました。

あ!こんなふうに自分の内面を知っていくことが大事なのですね。

◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com 

                          
※メッセージは、メール内でご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。 
  
  
 次回配信は、2019年2月15日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

◆◆◆『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  
◆◆ URL http://www.watch-colle.com/  ◆
 ◆  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ◆◆ 
    URL http://happyteatime.jp    ◆◆◆


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
   URL http://www.watch-colle.com/  人  
 『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
   URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ 
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com
 
 

  All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.

レビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを登録

ご利用ガイド

お支払いについて

お支払い方法は、代金引換、銀行振込、オリコショッピングクレジットよりお選びいただけます。

代金引換
商品ご到着時、代金をお支払いいただく方法です。
お受け取りの際、宅配便のドライバーに現金にてお支払いください。
※ヤマト運輸の代金引換サービスを利用しております。

表示価格について

オンラインショップに記載された価格は、消費税込みの価格です。

配送・送料について

配送について
「ヤマト運輸」にて、お届けします。
ご注文後、通常約2〜4日程度でお届けします。
※但し配送上の都合で遅れることもございますので、予めご了承ください。
※商品のお届けは、日本国内に限らせていただきます。
お届け日時のご指定について
お届け時間帯は、下記よりご指定いただけます。
  • 午前中(10時〜12時)
  • 14時〜16時
  • 16時〜18時
  • 18時〜20時
  • 19時〜21時
送料について
商品代金1万円以上は送料サービス
商品代金1万円未満と『時計修理』では送料がかかります

商品の返品について

未使用品の返品は3日間承ります。

返品の期限
商品到着後3日以内にお願い致します。
ご注意事項
次の場合の返品は、お受けできませんのでご了承ください。
  • お届け後日から3日以上経過した商品
  • 部品のご注文の場合
  • 一度ご使用になられた商品
  • ブレスレットやリングの寸法変更や改造など手を加えられた場合
  • お客様が汚損、破損された商品
  • "返品”の連絡より3日以内にウォッチコレに商品が届かない場合
  • "返品”の連絡が無くウォッチコレに商品を届けられた場合

個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報は第三者に譲渡することは一切ございません。